それでも地球はまわってる

好きなものを好きと叫ぶ。自分がダメだと自覚する。それでも私は生きているし、世界は動くし、地球もまわってる。

結婚式準備④~そして打合せが始まった 1の巻~

色々怒涛の展開で、結婚式のことを振り返る暇もないまま今日があるよwww

 

結婚式に向けてあとはひたすら式場と打ち合わせをして具体的に内容をまとめていくのみです。

東郷さんは、最初の打ち合わせで今後の流れや留意点などをまとめた資料をくださいました。

正直、結婚式に対して何の知識も希望もなかったので、マイルストーンを提示してもらえたのは助かりました。

 

私たちは、余興などを入れるつもりはなく、また友人スピーチなどゲストに負担をかけるようなものは一切しない!ということを決めていたので、正直打合せはめっちゃスムーズでした。

自分たちがお願いしてゲストに集まってもらうわけですから、ゲストにはゆったりと寛いでもらうことが最重要ミッションであり、基本的に何かするのであれば我々が背負うべきだ!と思いまして。

 

とまぁ、我々の「こういう結婚式にする」というビジョンは決まっていましたので、あとはそれを実現するために決めないといけないことを決めていくわけです。

 

  1. 招待状の諸々
  2. 会場装花と装飾
  3. BGM
  4. 写真
  5. 衣装やメイク
  6. 食事
  7. 引き出物
  8. 司会者(そして演出内容確認)

 

こんなもんかな。

 1.招待状の諸々

和装にすることは決めていた&神社であることを考え、招待状などのペーパーアイテムは「和っぽい」で行くことを決めていました。

そして招待状と席札はプランに入っているので、式場にお任せするのが楽です。

がしかし、席次とメニューはそこに入っていないんですね~www

ネットで探せば、かなり安く招待状&席次セットで席札プレゼント!とかゴロゴロしているわけで、かなり悩みました。

600円くらいでセットが揃うとかもあるわけですよ。

がしかし、先述のとおり招待状と席札はプランに入っており(といっても一番安いやつ300円とか)、希望の柄にすると差額は発生するがまぁ許容範囲になるわけ。

招待状をそこでお願いしたらさ、席次とかも同じ柄にしたいなーとか思うわけですよ、統一感。

でも、似たような柄の席次デザインを探して自分でやれば確かに安くはなる!

ということで結構悩みました。

結婚式はこういう小さいことの積み重ねなので、削れるところは削る!という思考になるのは当然なのでしょう・・・。

だけどね、ちょっと考えてみたの。

もし自分で席次をやるとしたら、

 

・当たり前だけど全部自分でチェックする

・メニューも載せるんだったらその内容もきちんと把握してデータに転載しないといけない

・直前に座席変更があった場合、対応するのが結構めんどい

・自分で組み立てないといけない

 

などなど。割と手間がかかるんです、当たり前ですが。

データがきちんと席とずれないように印刷されるか、誤字脱字はないのか、前もって準備をしていて直前に変更が出たらやり直さないといけない、などなど。

 

これ、割と心的負担大きくね?

その割に、節約できるとか言ってもせいぜい1万円くらいでしょ?

 

という、The ビジネスライクな観点!!!

苦労の割にリターンが少ない。無駄な心的負担と時間をかけるくらいなら、

その時間をストレスフリーに好きなように過ごした方がいいでしょ、絶対。

というわけで、丸っと式場にお願いすることと致しました。てへっ

 

ちなみに、みんなの氏名や住所は「結婚式するよーなのでできれば参列してほしいんです!」というお伺いを9月中に一通りやっていたので、11月くらいになって招待状セットが送られてきてからの対応は非常にスムーズでした。

あと、9月時点で招待客も概ね決まっていたので、人数概算とかも出しやすくてよかった。

参列してね!のお伺いの時に氏名や住所確認するの本当に大事。

あとでまたいちいち連絡するの大変だから、まとめてやった方がお互いストレスない。

 

2.会場装花と装飾

 これ割と大変だったわー。夫婦間の温度差(笑)

いや、私別にお花満載華やかにしたい!!とかいうの一切なかったんだけど、プランに入っているお花がまーこれまた一番安いプランのでね!!

高砂とかも余白見えまくってる!!

ゲストの卓上装花も、ほんと「ちょこん」とした感じで見るからに「貧相」なんですよ。

これはさ、やっぱり会場作ってみないと何とも言えないとこだけど、あんまり貧相過ぎてもゲストをおもてなしする心に欠けるんじゃないか?!とか色々考えたんです。

でも夫は「花はよくわかんないから」と言って、フェードアウトwww

私が「どう思いますか?」と聞いても、「いや、好きにすればいいんじゃないの」とか「そもそも花になんて興味ないからそんなとこにお金かける考えはなかった」みたいなこと言われてこっちもカチーンとするわけですよ。

 

いやいや、別に私だってお花に10万も20万もかけたいなんて言ってるわけじゃなくて、ただゲストをもてなす空間としてこの出来で失礼にはならないか?というところを相談したかっただけなんですってば。

それなのに、若干棘のある言い方(そして声のトーンでイライラしているのがわかる)されて・・・なんなの?!とこっちもムカムカするわけです。

 

結果として、

 

高砂は写真を撮ったりして一番「残る」部分だから、プランに少し上乗せする(ポンポンマムが欲しかった)

・テーブルクロスを工夫すればゲスト卓も華やかに見せられる

・飾りものを追加して余白を埋めましょう

 

という内容で、ほんのちょっとだけプラスすることで折り合いを付けました。

いや本当に大変だったよ、お花とテーブルクロスの打ち合わせは・・・。

お花の追加が6万円、テーブルクロスとかの諸々で2万円とかだったかなー?

まぁ仕方がない。

 

3.BGM

これ以外と楽勝でした。最初からBGM関係は「ゲーム音楽を多用する、ありきたりなものは使わない」ということで決めておりましたので。

歓談中のBGMは全てゲーム音楽

それ以外のイベントBGMなんかは、映画の曲を使ったりジブリ使ったりと、正直J-POPや洋楽の結婚式スタンダードナンバー的なものは全て排除。

打合せで「ここにBGMが必要です」っていうのを出してもらって、

二人で持ち帰って曲を決めて、BGM提出はデータで構わないということだったので、まとめてグーグルドライブ使ったんだっけかな?とかで担当者さんに送りました。

あ、1曲だけ松田聖子の曲がなかったからそれは式場にお願いしました。

東郷さん曲のストックも豊富なようですので、相談すると色々聴かせてくれます。打合せで行くと他のゲストが音響打ち合わせで色々BGMを聴きながらあーでもないこーでもない、と悩んでいるのによく遭遇しましたので。

 

 

長くなったのでここで1の巻終了。

ミスペレグリンと奇妙なこどもたち 他

結婚式話の間に突然の映画話www

 

飛行機の長距離移動で割と映画を見たので、それの記録。

ちょいちょいネタバレ含みますので、お気を付けください。

 

ミスペレグリンと奇妙なこどもたち

eiga.comhttp://eiga.com/movie/79921/

これ、ティム・バートン監督作品だったんだね、エンドロール見るまで気づかなかったwww

公開時に何かで見かけて「おもしろそうだな」と思ってそのまま放置していたやつなんですが、結論として「おもしろかった」です。

ティム・バートン監督作品がお好きな方はもちろんですが、ファンタジーものが好きな人も楽しめる作品だと思います。

ちなみに私の一番好きなファンタジー映画は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズです(ホビット含む)。

 

映画を見始めて

  • 何かしらのファンタジー映画だ
  • とても色彩が豊だ
  • CG美しい

ということに気づく。本当に情報として何も仕入れていなかった自分にびっくり。

 

あらすじは要約するとこんな感じ。

 

  1. 主人公はジェイク。彼の祖父が不審死をとげる。その死の間際、祖父が遺した言葉を頼りにとある島へ行き、ミスペレグリンたちと出会う
  2. ミスペレグリンは、特殊能力を持ったこどもたちを集めて守り育てていた
  3. だが、とても平和だったその館に、とある脅威が迫っていた
  4. こどもたちの特殊の力を活用し、その危機から逃れることはできるのか

 

ハリー・ポッターと同様こどもが成長していくことを軸にしたファンタジーだ」って何かに書かれてたんだけど、私はハリポ観てないから比較はできないのだけれど、確かにこどもが主役のファンタジーだったね。

ミスペレグリンは美しかったし、見た目もキャラクターにぴったりだったけど、奇妙なこどもたちがまた秀逸でした。

こどもも楽しめるようになのか、ちょいちょい面白要素も入ってて、127分だったけど全然飽きることもだれることもなく観ていられました。流石ティム・バートン監督といった感じでしょうか。

 

ていうか今wiki見て知ったけど、悪役バロンはサミュエル・L・ジャクソンだったのか!確かにそうだわ、いやはやwww

悪役何人か出てくるけど、意外とあっけない感じで、実は悪役との対峙というのはこの作品ではそんなに重要ではないんだろうな、と思ったり。

 

この物語のキーワードは「ループ」という、ある決められた24時間を繰り返す空間(時間軸?)です。

これを作り出せるのがミスペレグリン

例えば、2015年12月30日の0時0分00秒から23時59分59秒までを一つの区切りとして、そこを繰り返すことができる、というものです。

繰り返すのは「周りの時間/事象」だけで、そこに存在するミスペレグリンとこどもたち自体は、記憶はそのままで、また同じ1日を過ごすことになります。

 

これってどうなんでしょうね?

永遠に変わらない一日。

永遠に変わらない毎日。

永遠に決まったことをするわけです。

 

飽きる飽きない依然の問題だ。

 

この「ループの住人」たるミスペレグリンと奇妙なこどもたち。

そしてそこに「迷い込んだ(誘い込まれた?)」ジェイク(もっと遡ると祖父も)。

ループの外から来た二人が、ループに住む彼らの世界を一変させることになります。

それが吉と出るのか凶と出るのか・・・。

 

最後、そのループを使ってジェイクがみんなの所へ会いに行くんですが、その手法?がいまいち理解できなかったので、あとでもう一回復習してみます。

 

パッセンジャー

eiga.com

宇宙もの大好きな夫が、機内で先に見ていて感想を聞いたら「悪くなかった」というので見てみました。

 

私これは「SF映画」だと思ってたんですけど、「SFを背景にしたラブストーリー」だったんですね。失礼しました。

 

あらすじは、映画.comの内容を拝借すると、こんな感じ。

 

20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。

夫が説明してくれた時に印象的だったのが、

主人公がイケメンだからよかったけど、そうじゃなかったらただのホラーだ

という言葉です。なんのこっちゃと思いましたが、見て納得。

 

二人の年齢がいくつか知らんけど、仮に25歳くらいだとして、移住地まで残り90年、ほぼ確実に船の中で死を迎えるわけです。

そんなの耐えられます?

必要なものはきちんと船内に揃っているにしても、人間はたった二人だけ。

どうやっても発狂死すると思うんだけど・・・。

まぁ、後日譚は語られていないので、想像するだけですね。

 

しかし、さすがアメリカ映画だけあって、最後は謎のハッピーエンド。あんだけ憎悪していたのに。一種のつり橋効果?まぁ、一人で残されることを考えたら仕方ないのかな。オーロラさん、強い女性ですね。

 

ラブストーリーは普段見ないんですが、SF要素もしっかりあって、結構面白かったです。

 

デスノート Light up the NEW WORLD

eiga.com

公開当時気になってたんだけど、評価や感想見てハズレ臭半端なかったので見なかったのですが、いい機会だったので視聴。

有名な「デスノート」の後日譚です。

これまた映画.comさんから拝借。

 

前作から10年後、サイバーテロが頻発する超高度情報化社会を背景に、6冊のデスノートを巡って繰り広げられる新たなバトルを描き出す。名前を書かれた人間は必ず死亡する「デスノート」によって凶悪犯たちを次々と死に追いやった「キラ」こと夜神月と、世界的名探偵「L」の壮絶な頭脳戦から10年。死神が人間界に再びデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥った。かつて夜神総一郎が立ち上げたデスノート対策本部では、キラ事件に精通した三島をはじめとする特別チームの捜査官たちが、真相を解明するべく奔走していた。やがて「Lの正統な後継者」である私立探偵・竜崎が捜査に参加し、人間界に6冊のデスノートが存在していることを突きとめる。

 

キラもLもいなくなった世界で起こったデスゲーム。

 

中盤まではね、面白かった。

いきなり6冊のデスノートとか、死神大王とかマジ苦笑ものでしたけど、そういう滑稽な設定はさておき、前作の頭脳戦を髣髴とさせる展開があって結構ワクワクしました。

でも、終盤は本当にいただけなかったです。

あの展開が全てを台無しにしたよね。

 

ていうか、前作で「顔バレするな」というのがわかっていて、それから10年も経つのに、捜査員が「マフラーと腕で隠すだけ」ってどうなの?

いくらなんでも、もっと他に手段あるよね?竜崎はひょっとこのお面被ってたけど、そうやって変装用マスクとかでもっと確実に顔を隠して両手足を自由にできる手法はあったよね?

あと、冒頭に出てきた女子高生?とかも、正直ちょっと意味わかんない。あいつは一体何だったの?ただのサイコパス??

無差別殺戮して平気なほどいっちゃってたってこと??

わからん。

 

最後の竜崎はかっこよかった。

池松壮亮菅田将暉って綾野剛小栗旬と同じで雰囲気イケメンの部類に入ると思うんだけど。違うかな。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

eiga.com

タイムリープものが好きな夫が興味を示していた作品。

またまた映画.comさんから拝借。

 

美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。

 

以下設定のネタバレします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エミは、タカトシの存在する世界とは別の「並行世界」からやってきました。

エミのいる世界は、タカトシの世界とは時間が逆に流れているのだそうです。

そして、普段は交わることのない世界が、5年に一度、30日間だけ重なりあい(という表現が適切かはわかりませんが)、二人は会うことができる。

つまり、タカトシにとっての「明日」はエミにとっての「昨日」になります。そしてタカトシにとって「昨日(過去)」の話はエミにとっての「明日(未来)」の話になります。

会っているときの、二人の「思い出話」がかみ合わない、そんな関係。

 

前回のデートで可愛い犬を見かけ、それと同じような犬を見て「そういえば・・・」と切り出そうとしたら、エミは「わーあの犬可愛い!!!」と、それが初見であるかのように振る舞い、それに絶望するタカトシ

しょうがないよね。彼にとっては暖かい二人の思い出なのに、今目の前に存在するエミにとってはまだ来ていない「未来」の話。

 

全体的に切なさの漂うラブストーリーでした。

ただ、映画だと端折られている部分もあるため、

  • 並行世界からどうやって来るのか
  • 時間の矛盾はどう解消されているのか

がうまく呑み込めなかった・・・。原作読めばわかりそうなので、読んでみようかな。

 

個人的に、福士蒼汰小松菜奈凄くよかったよ。

バクマン小松菜奈は「コレジャナイ感」が凄くて受け付けなかったんだけど、この映画はよかった。ていうかこの子目の色素薄いのね。だからちょっとミステリアスなんだねー。

 

美女と野獣

eiga.com

言わずもがなの美女と野獣です。

私、ディズニー映画あんまり好きじゃないんですが、とりあえず見ました。

イケメンガストン君がホビットシリーズのルーク・エバンスって、そういえばどっかで見たな。

 

エマ・ワトソンは相変わらず美しかったです。

美しいのと可愛いのと。彼女は、聡明さがにじみ出ている。ナタリー・ポートマンみたい。

 

聡明な女性は大好きだ!!!!

 

トーリーは、言わずと知れた「美女と野獣」なので割愛。

映像美はさすがのディズニーといった感じで、ファンタジー感満載で美しかった。

映画としてもクオリティ抜群。

なので言うことないです。

ただ、ミュージカルシーンとか、苦痛だった。やっぱりディズニー映画は合わないと思った瞬間。いや、別に舞台とかで見るのはいいんだけど(宝塚とか大好きだし)。

 

でも、最近ディズニー実写多いよね。流石にアニメでやる題材尽きてきたのかな。

 

ファンなら見て損はしない。

そんな映画でした(ファンじゃなくても、完成度は高いので、損はしないかと)

結婚式準備③~ブライダルフェアに行って思ったこと~

というわけで、ブライダルフェアに行って、割とその場で式場も決めちゃったわけですが、後々「もうちょっと契約前に確認しときゃよかったよ・・・」と思うことありました。

それは、

 

プランに含まれている「もの」の詳細を確認しておく

 

ということです。

 

前回の記事にも書きましたが、

gomamekko.hatenablog.com

 契約したプランには下記が含まれています。

  • 料理(1万3千円)
  • 飲み物(フリードリンク)
  • 衣装4点(新郎新婦各2点、料金上限あり)
  • 美容着付け
  • 写真(六つ切り/1ポーズ)
  • 装花
  • 引き出物(40名以上、8万円分)
  • 招待状/席札
  • 介添料/オリジナルサウンドシステム/サービス料

 

当然ここに入っていないものはプラン外なので、追加していくことになります。見積もりの段階でも、一般的に必要になると思われる項目(写真撮影やリハーサル、ウェルカムドリンク、司会)などを追加され、人数60名で180万くらいとして提示されていました。

 

私たちは、衣装については、当日契約特典として新郎新婦各2点、上限なしにしてもらったのでここは問題ないし、プランに入っていないものは、予算に合わせて適宜検討すればいいので、そこについては疑問もありません。

 

が、一般的に結婚式はやはりお高くつくものなので、どうやったら少しでも費用を抑えられるのか、結婚式を挙げる人たちは一様に頭を抱えるものです。そして、費用を抑えるためのお約束として挙げられる下記アイテムたちが、東郷記念館のプランには含まれているのです。

  • 引き出物(40名以上、8万円分)
  • 装花
  • 招待状/席札

 

これがもう本当に、憎たらしいったら(涙)

 

引き出物

40名以上8万円分とありますが、もちろん人数の増減によって含まれる金額も増減するのですが、こちらも入っている以上使わないと勿体ない。

でも、自分で手配すれば2割くらい安くなるものがほとんどです。

しかも私は都民共済に入っているので、そこで注文すればもっと安く済ませられる・・・そんなことに気づいたのは、契約した後でした。

もちろん、費用分使って残りは自分で手配するということも可能ではあります(例えば、親族分は自分で手配する、とか)。

でもそうすると、持ち込み料が「1品につき500円」かかるのです。

持ち込み料については、式場での管理や準備を考えればある程度はやむを得ない費用だと納得してはいますが、ここを先にきちんと確認し交渉しておけばよかったと後から悔やんだものです。

 

装花

これも曲者でしたねー。

会場装花もベーシックなものがプランに入っているので「そうなんだー」くらいにしか考えていませんでしたが、

実際に装花を決める段階になって「なんてこった・・・」と頭を抱えたのは言うまでもありません。

このプランに含まれる装花というのは「最低ランクの装花」ということです。

東郷記念館さんの場合は2種類(だったはず)のお花から選べました。

デイジーとデンファレです。

それ自体は別に構わないのですが、とにかく「質素」です。

ミニブーケにも満たないようなささやかな卓上装花。

高砂のお花も、若干ボリューム足りません。

高砂のテーブル、端から端までお花では埋めつくせません・・・。

正直、会場装花にそこまで思い入れはなかったのもあって、ノーチェックだったのですが、事前にもう少し確認しておけばよかったと思った最重要項目でした。

 

ペーパーアイテム

このプランに含まれる招待状と席札というのは、

「一番安いもの」が適用されているので、他のデザインを選ぶと差額が発生するというシステムでした。

 

聞いてないしそんなの・・・(質問してないので向こうは教えてはくれないよね・・・

 

私たちは和装婚をしたかったので、ペーパーアイテムは「和風」のデザインにしたかったのですが、もちろんそんなのは基本プランには含まれないデザインなので、差額発生です。

 

なんだよこのやろう、と思い。

ペーパーアイテムは持ち込み料が発生しないということを聞いたので、

ネットでペーパーアイテムを探したのですが、「招待状+席次表を注文すると席札無料」とかが多く、席次表だけだと(当たり前ですが)あまり得がありませんでした。

プランに含まれているモノを放棄して、もっと自分の好みにあうデザインをネットで手配するか悩みました。。。

 

ただまぁ最終的に、

  • 自分で手配した場合のコスト
  • 式場で手配した場合のコスト

を比較して、下記点から式場に手配する方がコスト安だ、という結論に達しました。

 

①時間的コスト

直前にゲストが欠席になる可能性は否定できません。

また、食事メニューも席次表に記載する予定でしたので、それについて内容に不備があってはいけない(直前にメニューの一部が変更になるかもしれない)。

印刷用のデータを作り、チェックし、実際に印刷して、製本して・・・といった作業コストがかなりかかります。

 

心理的コスト

上記にもあるように、直前まで気が抜けません。また、校正チェックも全て「自分たちの責任」になります。

式場に任せれば、Wチェックはもちろん、細かな調整もお願いすればすぐに対応してもらえます。

印刷についても、自分でやる時はうまくできるかどうか、ずれなどが出ないか、何か間違いはないか、と気が気じゃないと思いました。

 

契約する前に確認しておくべきこと

というわけで、プランに入っているものの詳細は、予め確認しておくべきと思います(特に金額が書いて無いもの)。

料理については「1万3千円のもの」という認識があったので、そこでクオリティをあげたらその分料金が上がる、というのは理解したのですが、

具体的な金額が書いていない「ペーパーアイテム類」なんかは、特に確認すべきです。金額だけじゃなくて、実際にどういうデザインが含まれているのか。

コストって、単純な「お金」だけじゃなくて、やはりそこにかける時間も「コスト」です。

単純な数字にだけ目を向けるのではなく、そこに含まれる「目に見えないコスト」も意識することが重要ですよね。

社会人ならなおさら、時間に余裕がないことも多いので、自分たちでやるモノ、任せるモノ、うまく見極めながら準備を進めたいものですね。

 

あと、周りの既婚友人にも聞いたけど、往々にして男性はこういったこまごまとしたものに興味がありません。

特にお花。打合せ中、何度か相談もしたけれど「わからない」「プランので何がいけないの?最初から俺はそのつもりだったのに」と、なしのつぶて・・・。

これから結婚式を挙げようと考えている花嫁さんにおかれましては、お花にこだわりがあるのであれば事前にきちんとリサーチし、式場にも確認することを強く強くお勧めします。

うちはそれで2回ほど喧嘩しましたwwww

 

結婚式準備②~ブライダルフェアに行ってみた~

狙いを定めた3つの式場の予約をとり、

  1. 東郷神社(本命)
  2. 乃木神社(なんとなく)
  3. 明治神宮記念受験

という順番でフェアへ行く。毎週のように、原宿界隈へ繰り出したわけです。

 

東郷さんが本命で、その記述が詳細で長いのはご愛敬

 

東郷神社 原宿東郷記念館

宮崎牛&はちみつデザート試食×模擬神前式×和装かつら試着体験♪】

という内容で、模擬挙式見て、3種類の食事を試食し、かつ和装試着かつらつき、でしたと。

 

ワクワクドキドキのブライダルフェア、初っ端から本命を持ってきたのは、他との比較ができないのでちょっと失敗したかもですが、結果としてはここがやっぱり一番よかったので、まぁいいのかな。

 

受付をし、会場へ案内されたのが、最上階の一番大きな会場かな。

東郷さんの良さは、とにかく庭園が素晴らしいこと!!!大体披露宴会場はお庭に面しているので、とても見晴らしがよくて開放感が半端ないです。

 

①希望ヒアリングと見積もり

まずは今日のフェアの流れを説明され、簡単なアンケート。

挙式希望日や規模、内容などの項目に答え、担当のスタッフさんが引き続きヒアリングをしてくれました。そこで、希望日などから空き状況を調べてきてくれて、最終的に簡単な見積もりを作ってくれるんです。

ちなみに、東郷記念館には「原宿物語」という基本プランがあって、

詳細は見てもらうにして、

要は「人気のある時期や日取りは高く、そうじゃない場合は安い」というのが決まっているわけです。

その中に、

  • 料理(1万3千円)
  • 飲み物(フリードリンク)
  • 衣装4点(新郎新婦各2点、料金上限あり)
  • 美容着付け
  • 写真(六つ切り/1ポーズ)
  • 装花
  • 引き出物(40名以上、8万円分)
  • 招待状/席札
  • 介添料/オリジナルサウンドシステム/サービス料

が含まれていると。

人数増減によって、もちろん料金も増減します。

これをベースに、見積もり出してくれるわけで、そこで見る見積もりはとても安く感じられて「こんなものかー」とか思うけど、ああた実際終わってみるとそこから100万くらい平気で上がりますので、どうぞお気を付けください・・・。

(赤文字の部分が曲者です)

 

②模擬挙式見学

私は以前友人の結婚式でここに来たことがあるので、神前式などの流れは知っているのですが、夫はもちろん知らないので(そもそも海外長くて結婚式自体参加したことがほぼない状態)、どういう感じなのかを見てもらうにはちょうどいいです。

模擬挙式は庭参進はなく、境内鳥居のとこからスタートな感じですが、数年前の結婚式を思い出してなんだか微笑ましかった・・・。

ちなみに東郷神社の神殿は完全屋内タイプなので、雨でも全然大丈夫です。台風でもきっと大丈夫!

神前式参加したことないカップルの場合は、参列必至だと思います。また、衣装がどんなもんじゃ~っていうのも見られるので、時間があり都合がつくなら、模擬挙式があるフェアを選んだほうがお得かと思います!

③試食

披露宴の食事は、洋食プランと、和食メインの和洋折衷懐石のプランがあって、今回はそれらから3種類のおすすめ料理を試食させていただきました。

もう大昔のことなので、写真とか残ってないけど、

宮崎牛のステーキ

・丸山蒸し

・はちみつデザート

を頂きました。

 

宮崎牛、めちゃめちゃ美味しかったし、

はちみつデザートも凄くよかった。

そして何より丸山蒸しに私たちはぞっこんでした。

ご飯の上に茶碗蒸しが乗っている、東郷さんオリジナルのお料理なのですが、とにかく美味しい。ご飯の上に茶碗蒸しっていうだけでもインパクト大ですが、とにかくこの茶碗蒸し部分が本当に美味しい。茶碗蒸しラバーはぜひ食べてほしい一品。

正直、このお料理がほぼ決め手となり、東郷さんにしよう、という気持ちはほぼ固まったと言えます。

あと、サービス担当のお姉さん(台湾からわざわざいらっしゃったそうです)がとにかく可愛くて!!一生懸命対応してくれて!!私はその印象がとっても強く残り、それがまた後々に影響することを当時の私は知らなかったわけです(笑)

 

以前参列した時の経験から、「東郷さんはお料理が美味しい」という印象だけはずっと残ってたんですが、やっぱり美味しかった。この記憶は間違いじゃなかった。

正直、色々な式にお呼ばれしたけども、披露宴の記憶なんてのは、ほぼ料理の「美味しいか否か」が大部分を占めているわけで、料理にはこだわりたいというのは、私と夫の共通の思いでした。

 

 

と、一連の行事を終え、ついでに白無垢着せてもらって(中の着物は簡易Ver.で白い打掛だけちゃんとかけてもらいます)、かつらもつけさせてもらい、カメラマンさんが写真を1枚撮ってくださいました。

f:id:gomamekko:20170508145748j:plain

※綿帽子って意外とバランス悪いんだなーという印象

 

大満足で初ブライダルフェアを終えたのでした。

 

乃木神社 乃木會館

【お料理、衣裳、本物に触れられるフェア】試着&試食フェア

という内容で行ってまいりましたよ乃木神社

 

名前は知ってたけど初めて来たよ乃木神社。個人的に、すぐそばにジャニーズ事務所があったことにそわそわした(笑)

東郷と比べるとこじんまりとした印象の神社でした。

ここも大体の流れは東郷と同じで、

最初にフェアの流れを説明され、ここは模擬挙式ではなくビデオ、神殿の案内をしてもらい、試食会。

 

①試食

乃木さんの担当者にも「料理には自信があります!」と言っていて、期待していたお食事会。(乃木さんは1000円かかりましたwww)

特に印象に残ったのはこのお皿。

f:id:gomamekko:20170508150810j:plain

可愛らしいお野菜たちが盛り付けられた一皿。

これは女子受けしそう。でも私はそんな女子ウケ要らない・・・。

 

あとはフォアグラ丼とかもあったんですが、もちろん美味しかったです。

全体的によかったですけど、でも「美味しいよね、以上」という感想でした。

不味くはない、でもそんなに印象には残らない。

これだと「料理にこだわりました!」とは、ゲストには言えないかな・・・と、二人で感想を言い合いました。

うーん、惜しい。

 

②衣装試着

乃木さんでも衣装の試着があって、白無垢は前回着たので、今回は色打掛にしました。

どんな色がいいですか?と聞かれ、

「青とか好きです」

と言ったら、深い藍色の打掛を出してくれました(紺色?)。

f:id:gomamekko:20170508151646j:plain

これは可愛かった。落ち着いた色味でよかった。

髪飾りもつけてもらったので、それっぽい雰囲気。

しかし、衣装室はこんな感じなんだなーと、他の打掛も見てみたくてうずうずしました(笑)←ただの着物好き

 

 

と、乃木さんでのフェアを追え、見積もりの内容も東郷さんとはそんなに大差なかったのですが、お料理と、東郷さんの庭園、そして全天候型神殿には敵わないな、ということで、ここは素直にごめんなさいしました。

 

明治神宮 明治記念館

【ご参加特典付! 神前式体験&無料試食フェア】

ここはもう本当にただの記念受験でした(笑)

明治神宮って聞くと、原宿のあそこでしょ?って思ってたのですが、明治記念館さんは信濃町にありまして、ちゃんと確認しなかったら危ないところでした。

 

①模擬挙式

ここでも見ました模擬挙式。

明治神宮の挙式って、いわゆる「明治神宮」でやるのかと思ってたら、それももちろんできるけども、大体がこの明治記念館にある神殿でやるんですって。

明治神宮でやる場合は、終わった後披露宴会場への移動にバスが出るんですって。なるほどなるほど。

というわけで、記念館内にある神殿での模擬挙式。

2回目ということもあり、流れもわかっているし、やることは変わらないんだね、当たり前か。

でもやっぱり、明治神宮ってことは、明治天皇昭憲皇太后が祭られていて、神様に報告し祝福を貰うというのは、なんかこう、日本人として血が騒ぐよね(違)

それだけでも、価値があると思うの明治神宮でやる結婚式。

 

②試食

ここはフルコース試食でした。どのプランだったか忘れちゃったけど。

明治記念館もやっぱり料理には力を入れているということで、どれもこれも美味しかった記憶がある。

量もよかった気がする。

ここは本当に記念受験だったから、それ以外あんまり覚えていないのwww

 

③館内案内

流石の名門だけあって、会場の数も多いしバリエーションも豊富。

私たちの希望に沿う会場もあった。

お庭も広々としてて、ちょうど挙式が終わってゲストと写真を撮っているカップルがいたんだけど、凄くよかった。

館内にも、大きな階段があって、そこでの写真とか美しいよね~・・・。

見れば見るほど思いが募るよ明治記念館・・・。

 

 

だがしかし、やっぱりここはお値段がお高めでした。

フェア時点での見積もりでかなりの予算overです。

200万くらいだったかな。

そこから色々足してったら、たぶん300万じゃきかない。

そういう未来が想像できてしまった。

 

できれば、誰かの結婚式参列という形で、いつか来てみたい。

 

 

というわけで、最初から結果はわかってたようなものですが、3つ回ってやっぱり東郷さんだね!ということで、ここから長い長い日々が始まるのでした。

結婚式準備①~ブライダルフェアに行こう~

おぼろげに、形はどうであれ、結婚式というものは、親に対するけじめの意味も込めてやった方がいいよね?というコンセンサスはとっていました。

なんせ、私たちは付き合い始めて4か月後には婚姻届けを提出している超スピード婚だったので、世間一般的に想像される慎重なやりとりはほとんどすっ飛ばし、もちろん「結婚します」とお互いの両親顔合わせは簡単にやりましたが、本当にそれだけ。

これもそれも10年来の知り合いというのが成せる業ではありましたが、親はさぞびっくりしたことでしょうな・・・。

 

というわけで、形だけでもちゃんと親に示そうと思い、どんな式場があるのかを調べ始めたわけです。

 

で、グーグル先生にお伺いして出てきたこちらをメインで使いました。

wedding.mynavi.jp

たまたまキャンペーンで、ブライダルフェアに3回参加したらギフト券プレゼント!結婚指輪を2店舗見に行き、実際に購入に至ったらギフト券プレゼント!!

っていう、フェア目当てだったのも否定はしません。

 

否定はしませんが、とりあえず結婚式挙げようと思っていたので、まずは情報収集だと思い、色々な式場を探しました。この時、我々の中で「神前式(和装婚)」で挙式する、ということだけは決めていました。

 

  • 何故「神前式(和装婚)」と決めていたのか?

映画やドラマのワンシーンのような挙式には何度も参列しているので、一応女子としてウェディングドレス着ての挙式に対して「憧れ」はありました。

でもそれ以上に私は「白無垢」が着たかった。

白無垢に身を包み、厳粛な雰囲気の中、自分を育んでくれた「日本」という伝統のもと、夫婦の契りをかわしたかった。

だって、クリスチャンでもなんでもないので、思い入れのない神様に愛を誓い、祝福を得たところでなんの感慨もない。あと、基本的にチャペルだと牧師は基本アルバイトだったりするので、全てが嘘っぽくてなんかいやだったんですよ・・・。

 

  • 式は「神社」で挙げる

白無垢を着るのなら、挙式はやはり「神社」がいい。もちろんホテルや結婚式場にも簡易祭殿があって、ちゃんと神様をお祭りして、分祀元の神社から神主さんがやってきてくれて祝詞奏上をしてくれますが、ちょっと無機質だと感じてしまいました。なんか、神道独特の「凛とした空気」と「温もり」が足りないと思ってしまいました。

だったら、やはりちゃんとした神社の神殿で、きちんと様式に則った式を挙げたほうがいい、そう考えて「神社での和装婚」を決めました。

 

式場を探すのに、これら2つの条件が決まったので、あとはそれに合致する場所を探すだけです。

神社での神前式は本当に色々な場所で行えるのですが、

  1. 東京都内でアクセスが良い場所
  2. 予算
  3. 雰囲気

を重視し、フェアに行こうと決めたのは下記3つでした。

 

東郷神社

wedding.mynavi.jp

⇒以前こちらの結婚式に参列したことがあり、とにかく料理が美味しかった記憶があったことから最有力候補としてました。

 

乃木神社

wedding.mynavi.jp

⇒都内でアクセスも良く、そこそこ有名なのでチョイス。

 

明治神宮

wedding.mynavi.jp

⇒憧れの明治神宮での結婚式!とか本当にあり得るのかと思い、記念受験的な気持ちでチョイス。

 

そしてこれらの式場のブライダルフェアの中から、

  • 試食会つき
  • 衣装体験あり
  • 模擬挙式あり

のポイントを含んだフェア実施日を選んでマイナビウェディングさん経由で予約を行いました。

そして、予約をとったことを夫と共有して作業終了。

どの男性も大体そうとは思いますが、結婚式場選びは基本私に一任されておりましたので、日程さえ問題なければどこにでもついていくよ~という感じでした。

幸い夫はブライダルフェアというものが「面白そう」と乗り気なタイプでしたが、

中には「面倒くさい」と消極的な殿方もいらっしゃることでしょう・・・。

その場合はやはり「食べ物でつる」しかないと思うので、積極的に「試食付きだよ!!!」とアピールするといいかもしれません(笑)

 

さてはて人生初のブライダルフェア、そしてちゃんとギフト券が貰えるのか?!を気にしつつ、あとは当日を待つだけです。

突然ですが

結婚しました(聞いてない)

いやいいんだ、ここはあくまでも自分の戯言の垂れ流し場なんだから・・・。

 

アニバコン買ったよ~から、なんだか怒涛の展開でこうなりました。

ちなみに、Can't get enoughはもちろん3形態購入しましたよ!!!

結婚しても、Vクラ&ゲーマーなのは変わらないよ!!!

 

せっかくなので、諸々の記録としてこれからちょいちょいまとめておこうかと。

 

いやしかし、まさかこんな展開本当に想像していませんでした。

 

「〇〇経由でブライダルフェアに行くと、JCBギフト券30000円分もらえるらしいよ!」

 

っていう、欲に目が眩んだ私の発言からすべてが始まりました。

そんなに結婚式挙げるぞー!っていう気はなかったんですが、なんかそうなりました。

 

結婚式挙げるって決めてから、色々調べたり、発言〇町で定期的にあがってくる「結婚式にまつわるぶっとび質問」とかを見てて、

 

「世の中ここまで結婚式に全てを捧げる人がいるんだなぁ・・・」

 

と思わずにいられませんでした・・・。

それに比べて私はこだわりもないし、ゲストがどうこうっていうのも別にないし、イヤほんと千差万別。

 

支払いも、当初より50万円ほどオーバーしましたが、それについても「そういうもんや、仕方がない」と思いました。はい。

 

ブライダルフェアにいくつか行って、式場スタッフさんからは「ご祝儀で半分くらいは賄えます」と言われておりましたが、

これから結婚式を挙げる皆さん。

それは本当のことです。

ただし、支払いはご祝儀を貰う前にやることが多いので、

やはり一時的に自分たちの懐からお金を出すことになりますから、二人でそれくらいは出せる環境を整えることが肝要です。

 

詳しくは今後書いておくけど。

結婚式の費用をガツンと上げる要因は3つ

 

  1. 料理
  2. 衣装
  3. 新婦の結婚式へのこだわり

こだわりの中に衣装も入りそうですが、新婦だけでなくもちろん新郎の衣装にもお金はかかりますし、言ってしまえば「こだわりを捨てれば費用は安くなる」というか、

むしろ「披露宴なんてやんなきゃいい」っていう結論になりますからwww

挙式だけなら、10万~15万ですからね。そこに衣装レンタルをどうするかにもよりますが、トータル30万もあれば事足りますからね。

 

というわけで、本当に「ふわー」っとした気持ちで結婚式を挙げることを決めた私たち。

この「ふわー」っとした気持ちは、当日まであまり途切れることなく、どこか非現実的なものとして私たちを包んでおりました。

 

というわけで、何回になるかわからないけど、駄文ブログ再開です。

 

今更ながらアニバコン買ったよ報告

相変わらずおせぇよ、反応がwww

 

って感じですのん。うはは。

 

ちゃんと発売日に買いました。

そして、本編とりあえず見ました。

 

「完全ノーカット」

 

とは謳われているものの、どこか半信半疑だったわけで、

どうせちょいちょい端折られてんだろって信じてなかったんですが。

 

 

本当に完全ノーカットだったよ・・・!!!

 

 

恐るべし。

私は最終日は見に行けなかったから、本当にノーカット嬉しいよね。

最後、リボンシャワーのところとか、そういうのも全部載せてくれてさ。

アニバコンらしい、素敵なコンサートDVD(Blu-ray)だなって、幸せな気分になりました。

 

がしかし、やっぱり長いよね!!

部屋を真っ暗にして、ペンラは流石に持たなかったけども、

じっくり腰を据えてみていたけど、やっぱり当時の興奮というか感動というか、

ライブ感にかなうわけもなく。。。

 

「まだかかるんだ?!」

 

みたいな贅沢な悩みが飛び出しちゃうくらい(笑)

現場だと

 

「もう終わりなのー??」

 

なのにね。

夜の21時くらいから観始めたから、お風呂入ったり明日の準備したりっていう時間を考えると「やばいどうしよう」ってなっちゃったわけです。

 

 

ちゃんと見たけどね(笑)

 

アニバコンと一緒に、Blu-ray化した3作品も買っちゃったし、

実はアニバコンも本編だけで、特典DVDはまだ1秒も見られていないとかいう罰当たり展開・・・そろそろ強行しないとまずい。

 

 

そいでもって自担岡田の映画も公開されたのに、まだ見てない。

図書館戦争Blu-rayもまもなく発売ですが、

注文したのも実は昨日だったり(でもちゃんとプレミアムBOXで予約した!)。

 

アニバーサリーイヤーが終わって、めっきり平常運転に戻ってしまった彼ら。

 

露出が減る=私も沈静化する

 

という由々しき事態。

しかも、プライベートで急展開があったもんで、それも影響しているのよねー

 

 

がしかし、昨日やっと届いていた会報を見て

 

「やっぱ素敵ー!!!」

 

みたいなテンションになったので、

できれば来月の旅行前には特典DVDだけでも見たい。

 

 

ロードオブザリングのマラソン視聴もする予定だけど、その前になんとか・・・!!!